タイヤの寿命は?何年使えるの?

北海道や東北地方等の方は、冬と夏に分けて夏タイヤとスタッドレスタイヤで使い分けて何年も使っている方もいると思います。しかし、それは実は危険なこともあるってことをご存知でしたでしょうか? 今回は、タイヤの寿命について少しお話します、、、 もしかしたらあなたのタイヤも危険かも!? 一般的にタイヤの寿命と言うとタイヤが使えなくなった時ですよね。 もっと具体的に言うと、、、 ・タイヤの溝が1.6mm以下になったとき ・タイヤにひび割れ、亀裂が入ったとき もちろんタイヤは溝がなくなれば滑りますし、ひび割れや亀裂が入ったタイヤで走行をしていると、バーストする(破裂する)可能性があります。 タイヤのスリップサインを確認する タイヤの側面にはスリップサインと言う印がついていて、▲マークがついています。 そのマークを頼りに残り溝を計ってみてください。1.6㎜を超えてしまうと車検にも通りません。 逆に言えばそれぐらい残っていれば大丈夫だと思ってください。 タイヤは5000kmで1㎜減ると言われています。 新品タイヤの溝は約8mmなので、単純計算(8mm-1.6mm)×5000km=32000kmを超えたらタイヤ交換の目安と考えていいでしょう。 また、これは駆動方式や運転の仕方、道路状況によって変わりますので一概には言えません。 製造年月日を確認する タイヤには消費期限があります! メーカー推奨の消費期限は4~5年になりますので、溝が十分にあり、ひび割れが無…

続きを読む

エコタイヤってどうなの?評価や効果は?

まず最初にエコタイヤとは、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた等級制度と言うのがあり、低燃費性と安全性が基準値をクリアしているタイヤのことを指し低燃費タイヤとも呼ばれています。 エコタイヤの特徴の1つとして、まず普通のタイヤとくらべて軽いことです。 見た目は普通のタイヤとなんら変わりませんが、実際の重さは軽くなっています。 車は、サスペンションより下の重量(バネ下重量)が軽ければ軽い程、走行性能が上がりなおかつ燃費はよくなります。 次に、エコタイヤの最大の特徴の1つが転がり抵抗の低さとなっています。 転がり抵抗とは、、、 タイヤが受けている向きとは逆の抵抗のことで、簡単に言うと摩擦と言うとわかりやすいでしょうか??? 想像して頂ければ分かると思うんですが抵抗が大きいと、タイヤが転がりにくくなり、前に進もうとする際にエネルギーを使うため、燃費が悪くなってしまいますよね? 逆に極端な話、摩擦が全くないタイヤだと1回動いただけで、止まらないわけです。 まあ、そんなタイヤは無いんですが。(笑) エコタイヤは、この転がり抵抗を極限まで減らし、低燃費を可能にしたと言うことですね! ただ、そんなエコタイヤ、、、 「ちゃんとグリップするの?」「ちゃんと安全なの?」「価格は???」 など思っていると思いますのでまとめてみました! タイヤ交換を考えている人、タイヤにスリップサインが出てしまった人は必読です! エコタイヤは安全? 抵抗を減らしたと聞いて、安全性は?ちゃんと止…

続きを読む

【注目!】燃費を向上させる裏技10選

車を運転する上で、何をどうしても逃げられない出費が 『ガソリン代』 どうせなら節約したいですよね、、、 今回はそんなガソリン代を節約する裏技?をご紹介します! ①急加速を避ける 車がイチバン、ガソリンを消費するのは発進時だとも言われています。アクセルを深く踏んだとき、エンジンには高い負荷がかかり、その分ガソリンをたくさん消費します。 オートマ車はブレーキを離すとクリープ現象でゆっくりと動きだすので、それを利用するのも手でしょう。 発進時だけじゃなく、アクセルを一気に深く踏む行為はなるべく避けましょう! ②アクセルの踏み加減を一定にキープする 後続の車の流れの邪魔にならないように、緩やかな速度で走行しましょう! 頻繁にアクセルやブレーキを踏む行為も燃費を悪くしますので、車間距離を保ち、一定のアクセル開度で走行するyようにしましょう! 事故も防げますし一石二鳥ですね! ③エンジンブレーキを活用する 前の信号が赤になったときや、長い下り坂になったときは、フットブレーキを使うのではなく、なるべくエンジンブレーキを使うようにしましょう。 エンジンブレーキを使ったあとに、フットブレーキを使うことで止まりやすくもなりますし、ブレーキパッドの持ちにも影響してきますのでオススメです! ④長時間のアイドリングを避ける エンジンが掛かっていて、すぐ発信出来る状態のことをアイドリングと言いますが、このアイドリングで消費されるガソリンの量もかなりのモノです。ま…

続きを読む