タイヤの寿命は?何年使えるの?

北海道や東北地方等の方は、冬と夏に分けて夏タイヤとスタッドレスタイヤで使い分けて何年も使っている方もいると思います。しかし、それは実は危険なこともあるってことをご存知でしたでしょうか?

今回は、タイヤの寿命について少しお話します、、、
もしかしたらあなたのタイヤも危険かも!?

一般的にタイヤの寿命と言うとタイヤが使えなくなった時ですよね。
もっと具体的に言うと、、、
・タイヤの溝が1.6mm以下になったとき
・タイヤにひび割れ、亀裂が入ったとき
もちろんタイヤは溝がなくなれば滑りますし、ひび割れや亀裂が入ったタイヤで走行をしていると、バーストする(破裂する)可能性があります。


タイヤのスリップサインを確認する

タイヤの側面にはスリップサインと言う印がついていて、▲マークがついています。
そのマークを頼りに残り溝を計ってみてください。1.6㎜を超えてしまうと車検にも通りません。
逆に言えばそれぐらい残っていれば大丈夫だと思ってください。

タイヤは5000kmで1㎜減ると言われています。
新品タイヤの溝は約8mmなので、単純計算(8mm-1.6mm)×5000km=32000kmを超えたらタイヤ交換の目安と考えていいでしょう。
また、これは駆動方式や運転の仕方、道路状況によって変わりますので一概には言えません。


製造年月日を確認する
タイヤには消費期限があります!
メーカー推奨の消費期限は4~5年になりますので、溝が十分にあり、ひび割れが無かったとしても、タイヤの使用状況によっては目に見えないゴムが劣化している可能性があります。
毎日砂利道を走る、車には重い荷物を搭載しっぱなし、駐車場は屋外で直射日光が当たる場所に車を停めている、タイヤワックスを頻繁に使っているといった使用状況は、ゴムの劣化を進行させる典型的な要素ですね。

「普通に走れるから大丈夫!」、「タイヤの溝もあるし、スリップサインも出ていないから問題無いよ!」
と言って、何年何年も同じタイヤを使用している方も少なくないはず、、、
でも、何度も言いますがタイヤにも消費期限があります!タイヤ交換の目安としている年数は4~5年です。
スタッドレスタイヤの場合は、製造年数から3年で交換するのが安全の為にも良いといわれています。
スタッドレスタイヤの交換サイクルが短い理由の1つとして、使っているゴムが普通のタイヤよりも柔らかく劣化しやすいため、ノーマルタイヤより硬化が進むのが早いからです。逆にスタッドレスタイヤとサマータイヤで同じゴム使っている方が不安ですよね、、、(笑)

メーカーによっては、製造から5年以上経ったタイヤは日常点検を継続すること、10年以上経ったタイヤは見た目に問題無くても交換することを推奨しています。あくまで目安ですから使用状況で大きく変わります。

製造年月日の見方ですが、2000年以降の製造番号は、タイヤのサイドウォールに4ケタの数字で書かれています。最初の2ケタが週で、次の2ケタが年です。
例えば「2912」と表示されていたら、2012年の29週目に製造されたということです。タイヤの消費期限が4~5年と考えると、今年このタイヤを履き続けるのは少し怖くなりますよね、、、
新品タイヤを購入する際も同じように製造年はチェックするようにしてください!
売れ残りで残っていたタイヤは、例え新品であっても製造後2年過ぎているタイヤかもしれません。そうなると、タイヤの消費期限は2年短くなります。

目視でチェックする
洗車ついでに目視でタイヤをチェックすることを強くオススメします。
そうすることで、異物が刺さっていないかどうか、亀裂やヒビはないかどうかのチェックをすることが出来ます。
ここで1つだけ注意して欲しいのが、ちゃんとハンドルを切ってからタイヤを見ると言うことです。
車高を落としている車に多いのですが、ぱっと見は問題なく溝もあるのですが、キャンバー角が思ったよりも付いていて、タイヤの内側の溝はもう無いと言うこともあります。こうなるとタイヤのローテーションをするか、アライメントを取り直すか、タイヤを変えるかどちらかですのでしっかりと確認して見てください!
ちなみに僕はタイヤワックスは劣化する原因の1つなので洗車の時も塗りません。


タイヤの溝があったとしても見た目からは判断がつかない部分ですが、タイヤのゴムは劣化しています。タイヤが劣化する原因は色々なものがあります。
タイヤは走らせる度に発熱し、変形を繰り返しているので、一度の走行距離が伸びれば伸びるほど劣化は進みます。高速走行を繰り返しているとタイヤがバーストしてしまう理由の1つがこれですね。
これに加えて適正な空気圧じゃないことも原因の1つとしてあります。
例えばタイヤの空気圧が低い状態で走っていると、タイヤが発熱し過ぎて編摩耗を起こすことがあります。そうなると、タイヤの劣化はますます早まりますよね。
タイヤの適正空気圧は車種によって違います。運転席のドアを開けた部分に適正空気圧が記載されたステッカーが貼ってあるはずなので、そちらを確認してください!

車を走らせていなくても車を停める青空駐車場であれば、太陽の光や紫外線、雨など過酷な状況にさらされ続けるのでタイヤの劣化が進行します。目に見えるひび割れなどが無い場合、タイヤのゴムの劣化は見た目から判断することができません。
タイヤは車で唯一地面と接している安全運転に欠かせない大事な要素です!
タイヤを購入する際、中古車を購入した際など、タイヤの製造年をチェックして、定期的にタイヤは交換しましょう(^^)!


この記事へのコメント