エコタイヤってどうなの?評価や効果は?

まず最初にエコタイヤとは、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた等級制度と言うのがあり、低燃費性と安全性が基準値をクリアしているタイヤのことを指し低燃費タイヤとも呼ばれています。
エコタイヤの特徴の1つとして、まず普通のタイヤとくらべて軽いことです。
見た目は普通のタイヤとなんら変わりませんが、実際の重さは軽くなっています。
車は、サスペンションより下の重量(バネ下重量)が軽ければ軽い程、走行性能が上がりなおかつ燃費はよくなります。
次に、エコタイヤの最大の特徴の1つが転がり抵抗の低さとなっています。
転がり抵抗とは、、、
タイヤが受けている向きとは逆の抵抗のことで、簡単に言うと摩擦と言うとわかりやすいでしょうか???
想像して頂ければ分かると思うんですが抵抗が大きいと、タイヤが転がりにくくなり、前に進もうとする際にエネルギーを使うため、燃費が悪くなってしまいますよね?
逆に極端な話、摩擦が全くないタイヤだと1回動いただけで、止まらないわけです。
まあ、そんなタイヤは無いんですが。(笑)

エコタイヤは、この転がり抵抗を極限まで減らし、低燃費を可能にしたと言うことですね!
ただ、そんなエコタイヤ、、、
「ちゃんとグリップするの?」「ちゃんと安全なの?」「価格は???」
など思っていると思いますのでまとめてみました!
タイヤ交換を考えている人、タイヤにスリップサインが出てしまった人は必読です!

エコタイヤは安全?
抵抗を減らしたと聞いて、安全性は?ちゃんと止まるの?滑らないの?と心配する方もいるでしょう、、、
エコタイヤは、安全性にももちろん配慮しています!タイヤは雨や雪道を走ると滑りやすくなります。
この滑りやすさには、もちろんですがタイヤのグリップ力と言うモノが関係してきますよね。
グリップ力とは、簡単に言うと摩擦力のことになるんですがグリップ力が高いと、タイヤは滑りにくくなりますが、熱を発生させやすいため、タイヤを溶かしてしまうことがあります。そうすると、タイヤの減りは極端に早くなってしまいます。スポーツタイヤは、ゴムも柔らかく、タイヤ自体も溶けやすいのでグリップ力があり、速く走っても滑りづらくなっています。
対してエコタイヤは簡単にタイヤを溶かさないために、タイヤのゴムを特殊なものに変えるなどして、グリップ力を確保し安全性を高めています。

エコタイヤとは、低燃費と安全性を両立しているタイヤがエコタイヤとしてユーザーの元に届けられますので、当然この二つは高性能となっています。
逆に言えば二つの基準をクリアしているタイヤのみがエコタイヤとして発売されているので、安心して使用して頂いて問題ありません(^^)


燃費はどれぐらい変わる?
エコタイヤに変えることで燃費が良くなる理由は、前に書いた通りです。
では、いったいどれくらい燃費が良くなるのでしょうか???

一般的にですが、転がり抵抗が20%減ると、燃費は2%良くなると言われていますので、たとえばの話ですが
年に1万km走った場合、普通のタイヤで走った場合と比べておよそガソリン満タン2回分の費用が浮く計算になります。車種によりますが、、、(笑)

車をよく使う人は、エコタイヤにした方が年間費用も浮く場合もあるので、検討してみる価値はあると思います(^^)!


エコタイヤの寿命
タイヤの寿命は駆動方式や、その人の運転の仕方によって変わるので一概には言えませんが、普通のファミリーカークラスの普通のタイヤであれば、走行距離で言うとだいたい30,000km程度、走行距離が少ない場合での使用年数では2年〜5年と言われています。
それに比べエコタイヤの寿命は、走行距離40,000〜50,000kmが交換の目安になってくると思いますが、それ以下の走行距離においての使用年数については、普通のタイヤと同じ3年〜5年が目安となります。

その理由として、エコタイヤは摩耗にしくくはなっているのですが、経年劣化による耐性を強化しているわけではありませんので、単に普通のタイヤとくらべてロングライフなタイヤだと思っていだければいいでしょう。

また、軽自動車やコンパクトカーなどで小さいタイヤを履いた場合は、同じ走行距離でもタイヤの回転数が増えるので走行距離に対する寿命は普通のタイヤとエコタイヤともに短くなる傾向があります。
かえって大きいタイヤがいいかと言うとそういうわけでもなく、太いタイヤを履いた場合は摩擦抵抗は大きくなるので燃費は悪くなると思っていいでしょう。


エコタイヤの価格
これを読んでエコタイヤを買ってみたくなったけど、いくらするの?という疑問は当然出てくると思います、、、

もちろん値段はタイヤのメーカーや使用している車種によって違うので一概には言えませんが、普通のタイヤと比べると少し金額は高めになっています。
具体的な価格は、色々なメーカーが色々なエコタイヤが出していますが、同一メーカーのタイヤで比較すると2割〜3割以上高くなるものも場合によってあります。
エコタイヤにはラベリング制度というものがあり、これで性能を評価しています。最高評価はAAA/aとなっておりこの評価を受けたタイヤは高価です、、、

頻繁に車を使う方なら、タイヤを買ってから取り換えるまでの間に燃費分の元が取れるかどうかざっくりで構いませんので計算してから買いましょう(^^)!!
燃費を抑えたい方はコチラ


この記事へのコメント